土日休みの医師求人に採用され地方の診療所で気楽に働いた話

医師の資格を取って

医師の資格を取ってからは、都会の大きな病院でアルバイトをして過ごしていました。
ところが、沢山の人々の診察をしているうちに、気疲れをするようになってきました。
夜勤もしていたので、体調管理がきつかったのも要因かもしれません。
なので、アルバイトの期間が終えた後、田舎の実家に帰りゆっくり休むことにしました。
2週間ほどのんびりしたおかげで、体調が良くなったため、この地域の医師求人を探しました。
すると、土日休みと書いてある診療所が出てきたので、連絡をして面接に行くと採用してもらえました。
朝早くに診療所へ足を運び中へ入ると、お爺さん風の医師と看護師が1人がいて、それぞれ名乗ってくれたので、私も自己紹介しました。
私が担当する部屋へ案内して頂くと、室内は古かったですが、注射針や血圧を測る器具などの備品は新しかったので安心しました。
重病そうな患者がいた時は、脳の場合はこの病院で、内臓が悪い場合はここへの紹介状を書いて下さいと看護師に言われたので承諾しました。
急を要する時はすぐに救急車の手配をする必要があるので、どれも納得ができる話でした。

医師の資格を取って : 診察所での勤務